繰り返す

前触れもなく発症する急性腸炎は、一般的には腹痛・吐き気・下痢の症状が出る位で済みますが、細菌感染によるものの場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが相違点だといえます。
基礎代謝は人間が横たわっていても必要なエネルギーのことですが、大部分を身体中の骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳が消費しているということはあまり知られていません。
アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れてから4週間後、市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug)に変更されるというクスリもある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は先進国で浸透しているという現実があります。
心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まってしまい、血液の流れが止まり、大事な酸素や栄養が心筋に配達されず、ほとんどの筋繊維が壊死するという大変恐ろしい病気です。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの研究の成果によって、ワクチンの効果が期待されるのは、注射の2週後位から約5カ月間ほどだろうと言われています。
吐血と喀血、両方とも口からの出血に変わりはありませんが、喀血とはのどから肺をつなぐ気道(呼吸器のひとつ)からの出血であり、吐血というのは十二指腸より上にある消化管から出血する病状を指しています。
下腹部の強い痛みをよく起こす病気の代表格として、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の病気など、色々な部位の病気がみられるでしょう。
30才から39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学的な用語で表すとPOFという疾患に当てはまります(この国では40才以下の女の人が閉経してしまう症状のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と呼ぶのです)。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としては大体「大動脈バルーンパンピング法」に加えてグラフトを用いる「冠動脈バイパス移植術(CABG)」の両方の技法がしきりにおこなわれています。
3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を下げたり変異をもたらすような人体に対する有害物質を体内で無毒化し、肝臓の能力をより強化する能力が明らかになっています。
エイズウイルス、すなわちHIVを有している血液や精液の他、腟分泌液や母乳等の様々な体液が、看病する人などの傷口や粘膜などに接触すると、感染のリスクが大きくなるのです。
暗い場所では光量不足により物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、レンズのピントを合わせるのに余分なパワーが利用され、光の入る所でものを見るよりも疲労が大きいのです。
現在、若い世代で長期間咳が続く結核に抗する免疫、すなわち抵抗力を保有しない人達の割合が高くなったことや、早合点のせいで受診が遅れることに縁る集団感染及び院内感染が増加しているようです。
一見すると「ストレス」は、「無くすべき」「除去すべきもの」ものと考えがちですが、実際は、人間は大なり小なりのストレスを経験しているからこそ、生き延びることができます。
トコトリエノールの働きは抗酸化機能が最も知られていますが、更に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの産生を抑えることが認められています。