筋肉

薄暗い所だと光不足によりものが見辛くなりますが、より瞳孔が開くため、眼球のレンズのピントを合わせるのに多くの力がかかり、日の差す場所でものを見るより疲労が大きいのです。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが体内に吸収されるのを助けるということが知られており、血液の中のカルシウム濃度を微調整し、筋肉の動作を操ったり、骨を生成します。
環状紅斑というものは環状、所謂まるい形状をした紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふのトラブルの総合的な名前で、その原因は実に多種多彩だといえるでしょう。
アルコールや薬、合成された食品の添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する事を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たしている大切な役目のひとつだということは間違いありません。
BMIを求める式はどの国も同じですが、数値の評価基準は国単位で異なっていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI値22が標準体重、BMI25以上を肥満、18.5未満を低体重と定義付けています。
春と秋に患者が増える花粉症とは、森の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの木や草の花粉が素因となって、くしゃみ・頭重感・鼻詰まり・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を生ずる病気として日本人に定着しています。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、大変強靭で軽量で長期間の使用に耐えることができ、濡れてしまっても壊れずに使えるという長所があり、現在用いられているギプスの中でも定番でしょう。
学校・幼稚園などの大勢での集団生活をする時に花粉症の症状が主因で他の皆と同様に思う存分行動できないのは、本人にとっても残念な事でしょう。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経の調節や痛みの制御、器官の覚醒などを司っていて、気分障害(うつ病)に罹患している人では働きが鈍化していることが広く知られるようになった。
緊張型頭痛とはデスクワークなどでの肩凝り、首筋のこりが原因の最も一般的な頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような頭痛」「ズドーンと重苦しいような酷い痛さ」と表現される症状が特徴です。
スギの花粉が飛散する期間に、幼い子どもが体温はいつもと変わらないのに頻繁にくしゃみしたり水のような鼻水が出続けているような症状に当てはまったら、『スギ(杉)花粉症』の可能性があるでしょう。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しい浮腫みなどが象徴的で、進行してしまうと、最も重症の場合、呼吸困難に陥る心不全などを誘引する可能性があるということです。
内臓脂肪型の肥満が診られ、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2〜3項目該当する状態のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間のイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓の持つ解毒酵素の正常な創造活動を支えているかもしれないという事実が明らかになってきたのです。
気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、倦怠感、疲労感、食欲低下、体重減少焦り、顕著な意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が見られるのです。